猫はキャットフードを御馳走として欠かさない

私たちは毎日3食さまざまなものを食べます。
毎日同じものを食べることは少ないです。
それは、私たちの食事は栄養バランスの整った、偏りがない食事が良いとされているためです。
しかし、多くの猫は毎日同じキャットフードを食べています。
ライフステージに応じて食べるフードの種類が変わりますが、それ以外で変わることはあまりありません。
アレルギーや体調、肥満などがあれば変わりますが、多くの場合は食べきっても同じものを買い足します。
人によっては、同じものばかり食べることをかわいそうに感じる人もいるでしょう。
はたして猫は毎日同じものを食べることを嫌だと思っているのでしょうか。

猫を飼っている人の中には、キャットフードがどのような味か気になって食べてみた事がある人もいます。
食べたことのある人は皆『味がしなかった』『まずい』といった事を言います。
猫の食事には味付けの必要がありません。
素材の味のみでよいのです。
そのため、普段味付けされたものを食べている人間にとっては、味がなくまずいと思ってしまうのです。
人間にとっては美味しくないですが、猫にとっては十分おいしいのです。

キャットフードのパッケージには『総合栄養食』という表記がされています。
これは、『これさえ食べていれば必要な栄養が摂れる』ということを意味します。
猫にとって必要な栄養がキャットフードにはきちんと含まれているのです。
自分の年齢に合ったキャットフードを毎日正しい量食べていれば、他に必要な食べ物はないのです。

野生の猫は、自分でえさになるものをさがし、それを食べて生活します。
食べ物にありつけない日もありますし、主食である肉や魚を食べられない日もあります。
栄養が偏らず、摂るべき栄養をきちんと摂れるということはめったにないと考えられます。
ですから、毎日きちんと摂るべき栄養の摂れるキャットフードは猫にとって一番のごちそうなのです。
猫にとっての御馳走を毎日しっかり与える事で元気よく生活してくれますよ。
猫が好むキャットフードの特徴がこちらで解説されています。
猫はどのような成分の含まれたキャットフードを好むのか、是非確認しておきましょう。