猫が引き起こすアレルギーの症状と原因

近年、花粉症と言ったアレルギーで悩んでいる人はたくさんいます。
花粉だけでなく、小麦や卵などの食物、ハウスダストなどアレルゲンは様々です。
猫アレルギーの人も最近では増えました。
では、猫アレルギーとは何が原因で発症し、どのような症状が出るのでしょう。

まず、症状は普通のアレルギーとほとんど同じです。
猫に触れると痒くなったり目が赤くなったり、くしゃみや鼻水、咳が出たりします。
ただ、猫アレルギーで最も多い症状は顔の腫れです。
ですから、猫に触れると顔が腫れたりその他の症状が出る場合には検査を受けましょう。
アレルギー検査を受ければ、猫以外のアレルゲンについてもわかります。
アレルゲンとなる物質は様々ですから猫アレルギーと思っていても違うこともあるのです。
勝手な判断をせず医師に診てもらいましょう。

猫アレルギーは花粉症と同じくある日突然発症します。
ですから、ずっと猫を飼っていた人が突然猫アレルギーになることもあるのです。
アレルギーは疲れや体調不良で免疫力が下がっていると発症することがあるためです。
猫を飼っている途中で猫アレルギーになってしまった場合、アレルギーを理由に飼うのを止めることはできません。
アレルギーになってからも飼い続けるためにも、そしてアレルギーを予防するためにも、猫アレルギーの原因を知っておきましょう

猫アレルギーは猫のフケや毛が原因とされています。
キャットフードの中にはこれらを抑えてくれるものもあります。
もちろん、キャットフードでの抜け毛防止だけでなく、猫自身の清潔を保ってあげることも大切です。
小まめにお風呂に入れてあげたり部屋を掃除することも効果的です。

あとは、猫自身のアレルギーにも気を配りましょう
猫がキャットフードで食物アレルギーを引き起こすと体を掻きむしります。
掻きむしることでフケが出る可能性があります。
ですから猫の体の様子も確認しフケや抜け毛を出すのを予防しましょう。