猫のキャットフードの好き嫌いについて

猫を飼っている人は、一度は愛猫がいつものキャットフードを食べてくれないと言う経験をしたことがあります。
食いつきが悪くなると、病気をしていないかとか調子が悪いのかとかと不安になるものです。
それと同時に、好みでないものが含まれているのではないかと不安がる人も多いでしょう。
私たち人間のように猫も好き嫌いがあるのでしょうか。

まず、私たちは当たり前に『猫は魚が好き』と思っていますが、これは間違っています。
猫はもともと肉食で魚よりは牛や馬・鶏の肉の方が好きなのです。
野生の猫が魚を摂って食べることはほとんどありません。
猫が魚を好きと言うのは日本固有のイメージです。
これは一説によると、日本は島国で海に囲まれているためこのようなイメージがついたと言われています。
猫は魚はほとんど好まないのですが、私たちにこのようなイメージがあるため、キャットフードには魚の絵が描かれていたりします。

次に、猫は人肌程度の食べ物が好きです。
猫舌と言う言葉があります。
これは、猫が熱すぎるものよりも少し冷めたものを好むため生まれたと考えられます。

猫がキャットフードを突然食べなくなるのは好き嫌い以外の要因が大きいと言われています。
まずは警戒心です。
これは、突然新しいキャットフードに切り替えたときにおこることです。
猫は警戒心が強いため、いつものものと匂いが違うと危険とみなし、食べるのを避けるのです。
突然にいつもと違うものを与えるとお腹を壊す可能性もあります。
今まで与えていたものに少しずつ混ぜてあげましょう。

また、猫は綺麗好きです。
容器が汚れていたり、傷んだものを出していると敏感に反応し食べるのを嫌がります。
常に食器は綺麗な状態にし、食べ残したものは残したままにするのではなく、適宜処分をしましょう。
キャットフードはペットショップやホームセンターなどで買うことが出来ますが、取り扱っているお店に行くと非常に多くの商品が並んでいます。
そのなかには、プレミアムキャットフードと書かれている商品もあります。
このいわゆる高級なキャットフードと普通のキャットフードは何が違うのでしょうか?
2つの違いについて詳しく解説されているサイトがありますのでご覧ください。


市販のキャットフードを与えるのが心配な飼い主さんは、毎食手作りキャットフードをあげているそうです。
手作りする際に気をつけてほしいのは、猫には食べてはいけない食材がいくつかあります。
それらに該当する食材にはネギ類やピーマンなどがありますが、これらをを食べると体調を崩してしまいます。
自宅で食事の用意をしている際や、食事中に猫が食べてしまわないよう気を付けましょう。
また、自宅で手作り食を作っている人は、調理中に混入してしまわないよう気を付けて調理しましょう。