キャットフードを取り扱うお店

昔はキャットフードの購入先というとペットショップくらいでした。
猫を飼っていても与えるものは残飯や牛乳でよいと思われており、キャットフードを与える人のほうが少なかったのです。
しかし、だんだんペットブームと共に、猫はペットから家族へと変わっていきました。
誰もが家族の長生きと健康を祈るものです。
そこで、残飯ではなくキャットフードを与える文化が産まれました。
最近では猫を飼っている人も増えたため様々な場所でキャットフードが購入できます。

従来通りペットショップはもちろんですが、品ぞろえは少ないですがスーパーやコンビニでも販売されています。
また、ホームセンターにはペットコーナーがあり、そこではキャットフードに限らずグッズやおやつも販売されています。
インターネットの普及で通信販売での購入をしている人もいます。

このように様々な場所で販売されていますが、どこで買うのが良いのでしょうか。
基本的にペットショップは定価で販売されています。
そのため、価格はホームセンターに比べて高いです。
しかし、購入時に知識のある人に相談できる点では安心しての購入が可能です。
他にも安心できる要素として正規輸入であることがあります。
外国産のキャットフードは、きちんとメーカーと契約した正規輸入と他の荷物と運ばれる並行輸入があります。
正規輸入は温度や湿度が管理され品質を維持して運ばれますが、並行輸入は品質の劣化の可能性があります。
並行輸入の方が価格を抑えられるため、安く販売できます。
定価より安く販売されている場合、並行輸入品である可能性もあるのです。

食事は毎日のことですから価格も大事な項目です。
しかし、それと同じくらい安全性も大切なものです。
もちろん、ホームセンターやインターネット通販で販売されているものにも正規輸入のものがあります。
きちと安全が保障されているものを選ぶ方がよいでしょう。
正規輸入品であっても、購入店舗によってはまとめ買いやポイントカードといった形でサービスが還元されることがあります。
購入時にそういったサービスで購入先を決めるのもよいでしょう。
こちらにはキャットフードの相場が載っています。
相場よりも安い商品の場合、原材料に人間では食べられないものが使われている可能性がありますので、相場価格よりもやや高い商品の方が安心できるのではないでしょうか。
安くても良い商品はありますので、価格だけで比較するのではなく原材料をしっかりとチェックしてから購入しましょう。
多くの飼い主さんたちから支持されている国産のプレミアムキャットフードがこちらで紹介されています。
日本よりもペット先進国はありますが、国産にこだわる飼い主さんが多いようですね。