キャットフードによく言われる注意点

猫はキャットフードと水で生活をしています。
キャットフードから栄養を摂取して生命維持をしているので、きちんと選んであげる必要があります。
では、キャットフードを利用する際にはどのようなことに気を付ける必要があるのでしょうか。

まずは年齢に応じたキャットフードを与えることです。
ライフステージに応じたフードが販売されています。
成長期には栄養が多く含まれたものを与えなければなりません。
しかし、それをずっと与え続けると栄養過多になり肥満の元になります。
また、老年期に入ると消化が苦手になったり、運動量が減るため摂取カロリーを減らしたりする必要があります。
6歳から7歳あたりからまたフードの切り替えが必要なのです。
もちろん、この年齢にかかわらずキャットフードを変えてあげる必要があることもあります。
もっとも多い例がアレルギーです。
猫も人間同様にアレルギーがあります。
猫にも、穀物やたんぱく質、農薬など様々なアレルギーがあります。
食後、身体を痒がっていたり下痢が続くときにはアレルギー症状が出ている可能性もあります。
すぐに医師にみせ、アレルギーと診断されればアレルギー除去食に切り替えましょう。

もう一つ気を付けるべきこととして食事量があります。
猫はもともと野生で暮らしていたので、本能的に与えられれば与えられただけ食事を摂ります。
ですから、与えすぎた場合、猫は気にせずすべて食べてしまうのです。
猫にとっても肥満は大病の原因になるものです。
長生きのためにも与えすぎず規定量をきちんと与えましょう。
ただし、猫によって体質があります。
太りやすい子もいれば、食べても全然太らない子もいます。
規定量通りに与えているのに太ってしまうようなら、ダイエット食http://www.feesummit.com/senntakusurutoki.htmlに切り替えてみましょう。
太りにくい子の場合には、医師に相談しましょう。
アレルギーや病気が原因していることもあるためです。
診断してもらい、体に異常がないと診断されれば食事についてのアドバイスをもらいましょう。
猫によっては子猫用を混ぜて与える場合もありますし、単純に量を増やす場合もあります。
このあたりは専門家の意見を聞く方が安全ですから、自己判断ではなく医師の指導を受けるほうがよいでしょう。
手作りキャットフードもよく調べてから与えましょう。